メラニン色素の沈着が原因の鼻の毛穴の黒ずみ

メラニン色素沈着が原因の鼻の毛穴の黒ずみ

メラニン色素の沈着が原因の鼻の毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみは角栓の酸化が原因であることが多いのですが、ケアをしっかりしているのに鼻の毛穴の黒ずみがとれない場合もあります。そんな時は別の原因として、メラニン色素の沈着が考えられます。

メラニンというと、すぐに出てくるイメージは「日焼け」「しみ」「そばかす」等だと思いますが、実は、鼻の毛穴の黒ずみの原因としても色素沈着は大いに関係してくるのです。

ここではメラニン色素の沈着が起こる原因と対処法について考えていきます。

メラニンとはどんなもの?

メラニンは肌の下のほうにあるメラノサイトから放出される成分であり、本来は肌が刺激を受けた時に防御する機能として存在します。

「メラニン」というと、しみやそばかすの原因としてのほうが有名な存在でもあるため、お肌に悪いイメージが先行してしまいます。
しかし、メラニンがあることで紫外線からのダメージを緩和することができ、もし、メラニンが生成されないと肌は紫外線で火膨れになってしまうのです。

メラニンは体を守るうえでとても大事な存在であり、決して悪いだけのものではないのです。

鼻の黒ずみとメラニン色素の沈着の関係

鼻の毛穴はメラニン色素の沈着が目立ちやすい場所でもあります。

鼻は皮脂腺が多いため顔の他の部分に比べて皮脂の分泌量が多く、日焼け止めなどを溶かして崩してしまいます。その結果、毛穴がダイレクトに日焼けしてしまい、色素沈着をひき起こす原因になりやすいのです。

また、化粧品や日焼け止めの洗い残しなどが毛穴に残ってしまったりすると、それらが「刺激」となって、メラニン生成の原因となってしまいます。

メラニンによる鼻の毛穴の黒ずみにどう対処するか?

メラニンの色素沈着による鼻の黒ずみは、洗い流すことができないのが特徴です。

したがって、メラニンによる毛穴の黒ずみ対策は、過剰なメラニンの生成をとめることが重要になります。
基本的なことですが、必要に応じて日焼け止めやUVカット効果のある化粧品を使用したり、洗い残しのないよう洗顔を徹底することが大切です。


鼻の毛穴の黒ずみはメラニン色素沈着が原因


メラニン色素の沈着による黒ずみができてしまった場合、これらを排出するには、古い肌を新しい肌で押し出してしまうしかありません。
いわゆるターンオーバーという言葉がこれにあたり、肌の生まれ変わりのサイクルを整えることでメラニンは綺麗に排出されます。

個人差はありますが、ターンオーバーのサイクルは大まかに28~41日程度とされています。ですから、メラニン色素の沈着による毛穴の黒ずみの場合は過剰にこすったりせずに、じっくりと付き合って排出していくという考え方が大事になります。

もちろん、その間の肌のスキンケアもきちんとしておくことは大切ですし、ターンオーバーには睡眠や食事も大きく関わってくるため、これらも意識して改善していくとより効果的です。

いちご鼻の黒ずみ・毛穴ケア用!おすすめ洗顔料ランキング