小鼻の毛穴の黒ずみ改善!洗顔後の保湿方法

小鼻の毛穴の黒ずみ改善!洗顔後の保湿方法

小鼻の毛穴の黒ずみ改善!洗顔後の保湿方法

気になる”小鼻の毛穴の黒ずみ“の改善には、洗顔はもちろん、洗顔後のスキンケアもしっかりとしてあげることが大切です。

小鼻は皮脂の分泌も多く、角栓や毛穴の黒ずみなどができやすい場所です。こうした毛穴の黒ずみ対策として、洗顔後の保湿方法を見直すだけでも大きな効果を発揮してくれます。

通常のスキンケアにプラスアルファで行う「保湿方法」を見直し、小鼻の毛穴の黒ずみ改善につなげていきましょう。

なぜ、毛穴の黒ずみに保湿が必要なのか?

毛穴の黒ずみは角栓の酸化が原因で黒ずんでいるものが多く、角栓があることで毛穴を広げてたるませてしまいます。

これまで紹介してきたように、角栓自体は様々な方法で取り除くことができます。しかし、除去した後の毛穴は何も詰まっていない空洞状態のため、化粧水などでケアをしてあげないと毛穴が開いたままの状態になってしまいます。

洗顔後の保湿で小鼻の毛穴の黒ずみ改善

水分等を補給して乳液で蓋をすることで、毛穴を目立たたない大きさまでに小さくしてくれます。このためにも保湿が大事になります。

普段の生活をしていく上で角栓はどうしてもできてしまいます。角栓を上手に除去して、毛穴を徐々に目立たなくしていくためにも、洗顔・保水。保湿はセットで考えておくことが大切です。

保湿はどんなふうにするのがおすすめ?

保湿は大事ですが、やりすぎても逆に肌のバリア機能を低下させてしまいます。
保湿クリームや乳液を使う際には適量を守り、「薄くまんべんなく伸ばす」ことを意識してあげましょう。

よく、化粧水と乳液を一緒に購入しても乳液が余ってしまうなんてことがありますが、この場合は化粧水を通常サイズ、乳液をハーフやミニサイズにすることで消費する時間を揃えることができます。

乳液が余りがちになると、開封した日は同じでも乳液だけが古くり、肌につけるものとしてはあまりお勧めできないものになってしまいます。

開封した乳液や化粧水はおおそよ二か月での消費が望ましいですが、乳液はべたつくから、とあまりがちになってしまいます。
お顔だけではなく肌全体の保湿に消費してもいいですし、乳液と同じ効果の保湿ジェルやパウダーインの乳液などでべたつきのないものなどを選んで、できるだけ化粧水の後には乳液を使うようにしましょう。

いちご鼻の黒ずみ・毛穴ケア用!おすすめ洗顔料ランキング