鼻の角栓の原因 | 毛穴の汚れ・皮脂・乾燥

鼻の角栓の原因 | 毛穴の汚れ・皮脂・乾燥

鼻の角栓の原因 | 毛穴の汚れ・皮脂・乾燥

毛穴の汚れと皮脂乾燥は無関係ではありません。
これらは鼻の角栓がつまってしまう大きな原因であり、毛穴の黒ずみは、角栓の酸化なども関係しています。


<いちご鼻になる主な原因と流れ>

 1)古い角質や皮脂・汚れが毛穴に詰まる
 2)角栓ができる
 3)角栓が酸化し、黒ずみとなる

皮脂

鼻の角栓がつまるという悩みは、古い角質の他、皮脂が原因の一つになっています。

乾燥肌の場合、「皮脂は油分として必要」と考えてしまいがちですが、過剰な皮脂はしっかりと取り去ってあげることが大切です。原因である皮脂をしっかりとコントロールすることで、毛穴の汚れもきれいに落としていけるようになります。

乾燥肌

肌が乾燥していると、肌が固くなって古い角質を上手く排出できず、鼻の角栓のつまりや毛穴の汚れの原因になってしまいます。

乾燥肌は「油分が少ないからかさついてしまったりダメージに弱い」と考えてしまう人もいますが、これは少し違っています。
乾燥肌は、まず「水分」が圧倒的に足りない場合がほとんどです。

鼻の角栓と毛穴の汚れの原因は乾燥

睡眠不足の翌日などに、肌がかさついていた経験がある人は多いと思います。
睡眠は肌にとってとても大事なもので、適切な睡眠時間や睡眠の質が確保できないと、肌の基礎代謝が落ちるだけではなく、水分が抜けやすくなる原因にもなってしまいます。

乾燥肌だからといって皮脂が少ないという訳ではありません。また、完全な乾燥肌でなく混合肌(部分的な乾燥肌)の場合も多いため、自分のお肌の状態については注意してチェックするようにしましょう。

正しい洗顔を身に着けよう

古い角質や鼻の角栓の汚れを落とすには、まずは洗顔をしっかりすることが基本です。

乾燥が気になる場合はしっとり仕上がりの洗顔料を選びがちですが、保水、保湿は化粧水で補うことを頭において、洗顔はあくまで「汚れをしっかりと落とす」ことを心がけるのがおすすめです。

泡をしっかりと立ててなでるように洗顔をするのが大切ですが、泡立てが苦手という人は市販の泡立て器などを利用することで綺麗な泡が作れるようになります。

メイクなどをしっかりとしている場合は、できれば二度洗いをしてあげたほうが肌の汚れもしっかりと落とせます。また、洗顔のあとはすすぎをしっかりとし、すすぎ残しの無いようにしましょう。

仕上げに化粧水をたっぷりと肌に吸い込ませてあげてから、乳液や美容液で水分を逃がさないように蓋をしてあげる。この一連のケアをしっかりと継続してあげることで、皮脂や乾燥による鼻の角栓のつまりや、毛穴の汚れの原因を大幅に改善していくことができます。

いちご鼻の黒ずみ・毛穴ケア用!おすすめ洗顔料ランキング