毛穴のつまり ~角栓の放置は鼻の黒ずみの元!~


毛穴のつまりや角栓の放置は鼻の黒ずみの元

毛穴のつまり ~角栓の放置は鼻の黒ずみの元!~

毛穴のつまりは角栓(古い角質や皮脂)が原因であり、これが酸化することで黒ずみになっていきます。放置してしまうと、小鼻の黒ずみなどが目立ってきて、いちご鼻になってしまいます。

毛穴のつまりは角栓を除去してあげれば改善はされますが、角栓を除去した後のケアを忘れてしまうと、折角とった角栓の跡がそのまま残って、毛穴が開きっぱなしになってしまいます。
毛穴のつまりを除去と、その後のケアは1セットだと考えるようにしましょう。

毛穴のつまりはどうやってとるの?

毛穴のつまりを取る、角栓を取ると言うと、真っ先に思い浮かぶのは毛穴パックなどだと思います。

毛穴パックなどは確かに角栓もしっかりととれる上に、目に見えて「これだけ角栓がとれた」と満足することができます。
また、黒ずみ(酸化した角栓)がしっかりととれることで、鼻周りと毛穴のつまりは一時的に綺麗になります。

しかし、毛穴パックを使用する際にも皮脂や油脂が残っている状態ではパックの効果を半減させてしまいます。

毛穴パック

毛穴パックをより上手に使うには、事前に下記のとこを行っておくことが大切です。

  1. ホットタオルなどで毛穴を開かせる
  2. 洗顔で油分をクリアにする

毛穴パックは、はがす際に肌を傷めてしまうことも多いので、肌の弱い人やデリケートな人はあまりお勧めできません。
また、連日使用するのは避け、毛穴パックの説明書かれている日数をきちんと守ることが大事になります。

クレンジングオイル

では、肌に負担なく角栓を除去して綺麗な鼻を手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか?

上述したように、角栓は皮脂や油脂などの「油」が酸化してできます。毛穴ケア用のクレンジングオイルなどを使用することで、油を溶かして毛穴のつまりを除去することができます。

毛穴のつまりと角栓の放置は鼻の黒ずみの元

毛穴パックのように引きはがさないので肌への負担も少なめです。毛穴ケア用のものを使用するのがベストですが、オリーブオイルなどでも代用できます。口に入っても大丈夫な食材なので、肌への負担はほぼないと考えていいでしょう。

毛穴を開かせる際にはホットタオルなどをつくって、顔全体を覆うようにして2~3分おくことで毛穴を開かせることができます。その後にオイルなどを使ってやさしくマッサージをすることで、角栓をキレイに溶かして除去することができます。

最後のケアもしっかりと

毛穴の黒ずみや角栓を除去した後は毛穴の中に何もない空洞状態になっています。
このままでは毛穴が開きっぱなしになってしまうので、化粧水でしっかりと水分を補給してあげましょう。収れん化粧水などを併用することで、毛穴をよりしっかりと閉じるアシストをしてくれます。

水分を補給した後は、できれば乳液などを使って蓋をして、水分を逃がさないようにケアしてあげるようにしましょう。

いちご鼻の黒ずみ・毛穴ケア用!おすすめ洗顔料ランキング